スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

栗のデカさにビックリ!?梅花亭の栗むし羊羹

夫:大きな栗の~梅花亭~♪

嫁:……(-_-)zzz

夫:おい!シカトかよっ
  じゃイイよ、じゃオレ一人ではじめるヨ。おおーっ!!

  え~っ、最初の曲は梅花亭のテーマソングでした(^^♪

嫁:い~かげん、マジメにやれっ

夫:スンマセンm(__)m
  
  え~ではでは、まずはオレと梅花亭の出会いから…
  もう何年か前になるんだけど、その頃仕事で神楽坂によく来てて
  前を通るたびに、美味しそうな店だな~って気になってたんだよね。

  で、中を覗いてみたら奥で職人さんが作業してるのが見えたんだ。
  その場で手作りの和菓子屋さんってのが、オレの琴線に触れてさー。
  一回買ってからは、もうことあるごとに寄ってるってワケ。
  
  どら焼き、大福、どれを食べても、ホントうまいぜ
 
baikatei2 
 
嫁:あのはまじも常連さんなんだって!

夫:のはまじ?

嫁:はまじ!は、ま、じ!!!
  ミステリーハンターの、はまじだよ(^o^)丿
  神楽坂に住んでるんだって。いつか会えるかも~♪♪♪

夫:オレ、神楽坂で細木数子に会ったゾ

嫁:はまじ大好き~~~ 

夫:またシカトされてる~(>_<)
 
baikatei3 

夫:おおっ!栗ようかん、こころの友よ!!!

嫁:「栗むし羊羹」だし…なんで、ここでジャイアンよ?(藤子世代め!)

夫:あのCMさ~、アノ人、超ジャイアンぽいぜ~!(お前も藤子世代だろ!)
  
  ってか、「栗ようかん」と「栗むし羊羹」って違ったの?

  
嫁:違うよ~。いままでさんざん食べてて気づかなかったの~
  
  普通の練りようかんはギュッとした感じでしょ。
  蒸しようかんはもっちりしてるじゃん♪

夫:いわれてみれば、たしかに…

嫁:蒸しようかんのなかでも
  梅花亭の栗むし羊羹はさらにプニッとした食感だよね♪

baikatei1

夫:食感もいいけれど、見てくれよ!この栗のデカさ
  羊羹の部分より栗の方が厚いんだぜ

嫁:茨城県産の大粒の栗を甘さ控えめに煮てあって
  栗本来の味がしっかり楽しめるのが、栗好きにはたまんないよね(^O^)

夫:季節限定で、12月中頃にはもう見かけなくなっちゃうから
  近いうち、また行っとかないと!

嫁:んじゃ、行ってらっしゃ~い
  楽しみに待ってるね♪


夫:え~?買ってくれないの~(T_T)

☆☆☆本日のお店☆☆☆ 【スイーツ・和菓子】 
御菓子司 梅花亭 神楽坂本店
東京都新宿区神楽坂6-15

にほんブログ村 グルメブログへ

世界を旅する食いしんぼう夫婦の旅日記
食いしんぼう夫婦のみてある記もヨロシク!
スポンサーサイト
別窓 | 神楽坂・飯田橋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

知る人ぞ知る!イタリア産高級食材ラディッキオのフルコース

夫:それでは、料理の紹介いってみよ~!

嫁:おおーっ!(ってやっぱいわなきゃだめなんだよね) 

  お店の説明とラディッキオとはなんぞやで終わっちゃった前回につづき
  今日はステファノさんとこでいただいた
  『ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ』尽くしのコースをご紹介(^^)/

~ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのコース~(11月27日までのスペシャルコース)   

アミューズ(お楽しみ)
stefano02 
(この日のアミューズは)ポテトサラダをモルタデッラで包んだもの

嫁:わぁ~モルタデッラ、久しぶり~(^^♪

夫:モルタデッラって、美味しいのになぜか日本であんま見かけないよね。

嫁:そうだね~。
  まろやかな風味だから生ハムより日本人好みっぽい気がするけどね。
  それにしても、一口サイズのアミューズなのに
  なかのポテトサラダもとっても丁寧に作られてて、ほんと感心♪

夫:テンション上がるぜ~

前菜(一品目) 
ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのフランボワーズ風味サラダ
本日の鮮魚(この日は鯛)のカルパッチョをのせて
stefano04 
夫:鯛のカルパッチョとラディッキオって合うんだね!
  ラディッキオのシャキシャキ感がたまらん


嫁:これフランボワーズ風味のソースなの! ?
  ほんのり甘酸っぱい香りがまたいいね~(^^)
  さりげに添えてある、細~いポテトの香ばしさもアクセントにイイなってる♪ 
 
前菜(二品目)
サンダニエレ産生ハムを巻いたラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグリル
ゴルゴンゾーラ入りのフレッシュポレンタを添えて
stefano06 
夫:ソテーしたラディッキオを生ハムでくるみ、ちょっと塩を振ってグリルして。。。
  なんて手が込んでんだ!

  ポレンタはポレンタだけでも美味しいのに
  ゴルゴンゾーラが一緒になってる!やられた~(>_<)

嫁:ゴルゴンゾーラって好みがはっきり分かれるところだけど
  ほんとやわらか~くやさしいお味に仕上がってるよね♪
  ステファノさんの人柄が感じられる一品に、またまた感動~(T_T)

忘れちゃいけない隠れた逸品!ステファノ自家製パン
stefano03 
夫:うお~、いつもながらうまいぜ!

嫁:食べ過ぎないように、今日こそパンを少なめにって思うのに
  美味しすぎて、つい食べ過ぎちゃう~~~(>_<)

パスタ料理(一品目) 
帆立貝、ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとトマトのリゾット
stefano07 
夫:んなんだこのいい香りは
  なんと、ホタテとラディッキオがゴロゴロ入ってるで~!
 
嫁:お米のこのアルデンテ具合がまた絶妙♪ これぞ正真正銘のリゾット!!!
  さすがステファノさん 

パスタ(二品目)
自家製ソーセージとラディッキオ・ロッソ・タルディーボの手打ちビゴリ
stefano08 
夫:このビゴリ、食感がサイコー!!
  北イタリアでは良く見るタイプのパスタだけど
  太くてコシがあって、そんじょそこらの生パスタとは一味違うぜ!

嫁:ほんと!ヴェネトの代表的パスタのビゴリも、日本ではまだ珍しいよね~。
  こんなに美味しいビゴリが東京で食べられるなんて、感激☆
  
夫:手打ちの生パスタ出してる店は幾つもあるけど、
  たいていタリアテッレやフェットチーネだもんね。ビゴリは見たことない!!
  BRAVO!!ステファノ

  あと、この自家製のソーセージもたまらん
  お持ち帰り用で売ってほしい。。。
  
嫁:鼻から抜けるソーセージの芳しい香りも、これまたたまらな~い♪

メイン料理(一品目)
カジキマグロのフレッシュパン粉焼き ラディッキオソース
stefano09 
夫:魚好きとしては、カジキマグロがこんな風に丁寧な仕事をされてる時点で
  すでに打ちのめされちゃってるんだけど
  やっぱりステファノはそれだけじゃ終わらないんだな~、これが。
  ソースに今回のコースの主役であるラディッキオが使われてるー
  何だ!この上品な味付けは!!!
  
嫁:おいものグラタンの上に
  外はサックサク、中はフワフワに焼きあげられたカジキがのせられて…
  味付けだけじゃなく、見た目にも上品♪
  これはもう、ひとつの芸術作品だわ~


メイン料理(二品目)
牛フィレ肉のソテー 
アズィアーゴチーズとラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグラタン仕立て
stefano10 
夫:うお~、マジで肉やわらけ~
  焼き加減がこれまた最高!レア万歳!!
  そんでもって、添えてあるラディッキオのソテーも
  甘くてちょっとほろ苦くて、ベラメンテ・ボ~ノ(※)!!!

※ベラメンテ・ボ~ノは、夫なおのぶの決まり文句である。
  イタリア語で「VERAMENTE BUONO」=本当に美味しいの意。
  夫的には「まじ、うめぇ~」に相当。  

嫁:ベラメンテ・ボ~ノ!出ましたーっ(^o^)丿
  やっぱり肉食獣だわ~(笑)

  そして、この焼いたポレンタもまた旨いね!

デザート
ステファノ特製ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとリンゴのケーキ
stefano11 
夫:ケーキの中にラディッキオが入ってる!

嫁:うっそ~?

夫:ホントだって!こんなの見たことも聞いたこともないぞ!

ステファノ:そうだと思うよ!だって私が考えたケーキですから!! 

嫁:お~い!ステファノさんのセリフ勝手に作んないように…(^_^;)
  
  デザートにどうやってラディッキオを使おうか。すご~く考えた。
  とステファノさんは仰ってましたよ。

夫:この日、俺たち夫婦の大事な記念日ということで
  TANTI AUGURI(=おめでとう)のメッセージを付けてくれました。
  GRAZIE STEFANO!

嫁:上には濃厚な栗アイスがのっかってるのに
  ケーキの中は、ほっかほかにあったかいの~

夫:なんだ、そのホクホク顔!

そしてエスプレッソ(コーヒーまたは紅茶)
stefano12 
お茶目なカメリエレのほしのさんからのサプライズ♪
いつ来ても、とってもシンパーティコな(感じがイイ)彼
GRAZIE, ほしのさん!

☆☆☆本日のお店☆☆☆ 【イタリアン】
リストランテ ステファノ
東京都新宿区神楽坂6-47

にほんブログ村 グルメブログへ

世界を旅する食いしんぼう夫婦の旅日記
食いしんぼう夫婦のみてある記もヨロシク!

別窓 | 神楽坂・飯田橋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

本物のイタリアンを食べよう!

夫:ビルの横の細~い通路のその先にある隠れ家的なこのお店は…

stefano01 
夫:じゃ~ん!今日は神楽坂のイタリアンレストラン、ステファノで~す(^o^)丿


嫁:そんな始まりかたなの!?も少しなんかないの?^^;

夫:素材を活かしたシンプルなイタリアンだから、これでいいんだ!

嫁:いや~でも、(お料理は)かなり手が込んでるよ。


夫:なるほど。。。

嫁:ステファノさんの洗練されたお料理に相応しい紹介をしようよ♪
  はい、どうぞ(^^)/

夫:ええ~っと…ステファノは、イタリア人オーナーシェフのステファノさんが
  イタリアから取り寄せた食材を使った、すごい本物のイタリアンが食べられる…
  
嫁:すごい本物の…って、小学生みたいな説明だね^m^


夫:まぁ~なにしろ、今までたくさんイタリアでイタリアンを食べてきたけど
  本場に負けず劣らずのものを出してくれるお店ってことだな

  
あと大事なことは
  それなりの値段で美味いお店は日本中に五万とあると思うけど
  ステファノは良心的な値段で超一流のものが食えるってことだよね!


嫁:お料理がめちゃくちゃ美味しくて素晴らしいのはもちろんだけど
  日本じゃそうそうお目にかかれない
  イタリアの旬の食材が食べられるってだけでも
  本当にこのお値段でいいの?って思うよ~

  ミシュランの人達、ちゃんと食べにきてるかな?
  私だったら五ツ星☆☆☆☆☆でも足りないくらいだよ!!!


夫:そのと~~~り

嫁:今回いただいた「ラディッキオ」も、イタリアならではのお野菜だよね。

stefano05

夫:これこれ、『ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ』ね!
  日本でまず見たことね~ぜ。

嫁:そうだよね。ラディッキオっていっても、ステファノさんのところのは
  ラディッキオの中でも高級品のタルディーボだもんね。


夫:じゃここで、ラディッキオの説明をば…

「ラディッキオ」はイタリア原産野菜です。
イタリア北部ヴェネツィアにほど近いトレヴィーゾ原産のものがとくに有名です。
そのなかでも『ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ』は
他のものより5~10倍の値を付ける高級品です。

秋、霜が2回降りてから収穫し、アルプスの湧水に2週間ほど浸けます。
その間に内側から新しい芯が生えてくるのを待ち
外側の古い葉を取り除くという手間と時間がかかります。
キレイな湧水があるこの地方にしかできない特別な野菜なのです。

香り、甘味、苦みのバランスが絶妙で、一度食べたら忘れられない食材です!
(ステファノさんからの説明を引用)

嫁:ラディッキオにご興味のある方は
  こんなサイト↓も見つけたのでよろしければご参照ください(^^)
  (抗酸化パワーでも大注目の西洋野菜「ラディッキオ」!)


夫:今回は、この『ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ』の
  スペシャルメニューを食べてきました!

  なんと!ドルチェに至るまでラディッキオが使われてます
  さすがステファノ

~ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのコース~

○アミューズ(お楽しみ)

○前菜(2品)

ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのフランボワーズ風味サラダ
本日の鮮魚のカルパッチョをのせて

サンダニエレ産生ハムを巻いたラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグリル
ゴルゴンゾーラ入りのフレッシュポレンタを添えて

○パスタ料理(2品)

帆立貝、ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとトマトのリゾット

自家製ソーセージとラディッキオ・ロッソ・タルディーボの手打ちビゴリ

○メイン料理(2品)

カジキマグロのフレッシュパン粉焼き ラディッキオソース

牛フィレ肉のソテー 
アズィアーゴチーズとラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグラタン仕立て

○デザート
ステファノ特製ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとリンゴのケーキ

コーヒーまたは紅茶

(11月27日までのスペシャルコース)

夫:以上で、なんと7,500円(2名より) ラディッキオ尽くしやで~

嫁:今回はラディッキオのコースだったけど、ステファノさんとこでは
  私の大大大好きなカルチョーフィ(アーティチョーク)とか、ホワイトアスパラといった
  イタリアならではの四季折々の旬のフレッシュな食材をスペシャルコースにしてくれて
  まるでイタリアにいるかのように楽しめるのもほんとウレシイよね
 
夫:毎日行きたくなっちゃうよ~

  
ということで、お料理の詳しい話は次回へつづく

☆☆☆本日のお店☆☆☆ 【イタリアン】
リストランテ ステファノ
東京都新宿区神楽坂6-47

にほんブログ村 グルメブログへ

世界を旅する食いしんぼう夫婦の旅日記
食いしんぼう夫婦のみてある記もヨロシク!

別窓 | 神楽坂・飯田橋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| SIAMO GOLOSI~ゴロージの世界食べある記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。