スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ノルマンディー万歳!

モン・サン・ミッシェルの近くで、ノルマンディーの美味に、であった〜
(うるるん滞在記風に読んでもらえるとありがたい)

夫:フランスの北西部、ノルマンディー地方の名物知ってる?

嫁:カマンベールチーズとかリンゴのお酒シードル?

夫:確かにそれらは名物なんだけど、
  オレがぜひ食べたいここの名物はプレ・サレっていう羊の肉!


嫁:ぶ~ぶ~あなたが食べたいものなんて知らないよ!

夫:まーまー、そう言うなって!
  プレ・サレとは、この辺(ノルマンディーやブルターニュ)の
  潮風の塩分やミネラル分が豊富に含まれた牧草を食べて育った羊さん。
  だからフツウの羊よりも風味豊かな羊になるらしいぜ!
  これは食うしかねーべ! ( ̄ー+ ̄)

嫁:このヒトは食べ物のことだけは頭に入るんだから。
  この記憶力を他にも活用してほしいよ…(;´д`)

夫:ほらほら、アミューズがきたよ!
  何コレ?エスプレッソかと思ったら、スープ?

montsanintmichel1 
嫁:カボチャのポタージュだけど、コショウがピリッと効いてて面白い〜♪
  それと、ロゼワイン。
  フランスではよく飲まれてるのを見かけるんだよね〜 (´・ω・`) 
  ちなみにハウスワイン一杯3ユーロ!


夫:お!ビスクのスープだ!(写真奥)
  濃いな〜〜 (*゚∀゚)=3
  こんなにエビの風味がするのは、そうそうお目にかかれないぜ!

montsanintmichel2 
嫁:こっちの海の幸のサラダもすごいよ〜
  見てみて!このサーモンの厚み!そしてサバがクリーミー?!
  ムース仕立てになってるお魚もおいし〜〜


夫:ついにきたーーー!プレ・サレちゃん!!しかもこの焼き具合、最高だね!
montsanintmichel4 

夫:やっぱ、暖炉の直火でこんな風に焼かれちゃたまんないね〜
IMGP4086.jpg
夫:香ばしい匂いが食欲を刺激するぜ!

嫁:ちょっと!ちょっと!
  こっちの鴨のローストも食べてみてっ
  このハチミツ風味のソースが鴨にすっごく合っててメチャうま〜 (*´∀`*)

montsanintmichel3 
  
嫁:うわぁ〜♪
  このタルトタタン、中のリンゴがシャキッとしてるね!
  リンゴがクタクタになるまで焼いた(煮た?)タイプとはちょっと違うね。
montsanintmichel5 
夫:ホントだ!リンゴの風味が生きてる!
  でもこっちのクレームブリュレもいいよ〜
  表面の砂糖を焦がすのカルバドス(ノルマンディー地方のリンゴの蒸留酒)
  を使って風味をプラスしてるようだね (^_^)
montsanintmichel6 
嫁:地元の食材を活かしきるっていう、
  料理の基本にして一番重要なことを押さえてるね♪
  なんか、私たちのイメージするところのフランス料理(コース料理みたいの)より
  イタリア料理に近いカンジがするね〜 (^o^)

夫:これで一人29ユーロ(約3千円)のメニューなんだぜ!
  東京でもパリでも、このレベルでこの値段はあり得ねぇー

そして、帰り道。

嫁:あ、これプレ・サレだ〜〜!
montsaintmichel7 
夫:そうそう!こんな感じでモン・サン・ミッシェルのそばの牧草地で
  羊が塩味の効いた葉っぱを食ってんだよ!
  だから、羊の肉自体の風味が増すってわけ。すごいでしょ

嫁:そうだね〜。でも美味しいのはプレ・サレだけじゃないよね!
  ノルマンディーは、牡蠣とかムール貝とか海の幸も豊富なんだよ〜♪

夫:モン・サン・ミッシェルに行く人は多いと思うけど
  ノルマンディーの食もぜひとも楽しんでほしいよね!
  でも、現地の人によると
  食事はモン・サン・ミッシェルの外がオススメだって。
  中は観光地値段だからね〜(笑)

今回、私たちが行ったのはこちら。
montsaintmichel9 

montsaintmichel8 
農家の倉庫を改築したようなこの建物がレストラン本館。
店主のおじさんもとってもカンジがヨカッタよ

☆☆☆本日のお店☆☆☆ 【フランス料理】 
RESTAURANT LA FERME ST-MICHEL
La Caserne-Route de Pontorson, BEAUVOIR
LE MONT SAINT MICHEL FRANCE

ランキング参加中↓クリックで応援してね〜(^o^)/
にほんブログ村 グルメブログ 海外食べ歩きへ

世界を旅する食いしんぼう夫婦の旅日記
食いしんぼう夫婦のみてある記もヨロシク!
関連記事
スポンサーサイト

別窓 | フランス | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<本場のガレット | SIAMO GOLOSI~ゴロージの世界食べある記 | イタリアの高級牛といえば…>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| SIAMO GOLOSI~ゴロージの世界食べある記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。