スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

知る人ぞ知る!イタリア産高級食材ラディッキオのフルコース

夫:それでは、料理の紹介いってみよ~!

嫁:おおーっ!(ってやっぱいわなきゃだめなんだよね) 

  お店の説明とラディッキオとはなんぞやで終わっちゃった前回につづき
  今日はステファノさんとこでいただいた
  『ラディッキオ・ロッソ・タルディーボ』尽くしのコースをご紹介(^^)/

~ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのコース~(11月27日までのスペシャルコース)   

アミューズ(お楽しみ)
stefano02 
(この日のアミューズは)ポテトサラダをモルタデッラで包んだもの

嫁:わぁ~モルタデッラ、久しぶり~(^^♪

夫:モルタデッラって、美味しいのになぜか日本であんま見かけないよね。

嫁:そうだね~。
  まろやかな風味だから生ハムより日本人好みっぽい気がするけどね。
  それにしても、一口サイズのアミューズなのに
  なかのポテトサラダもとっても丁寧に作られてて、ほんと感心♪

夫:テンション上がるぜ~

前菜(一品目) 
ラディッキオ・ロッソ・タルディーボのフランボワーズ風味サラダ
本日の鮮魚(この日は鯛)のカルパッチョをのせて
stefano04 
夫:鯛のカルパッチョとラディッキオって合うんだね!
  ラディッキオのシャキシャキ感がたまらん


嫁:これフランボワーズ風味のソースなの! ?
  ほんのり甘酸っぱい香りがまたいいね~(^^)
  さりげに添えてある、細~いポテトの香ばしさもアクセントにイイなってる♪ 
 
前菜(二品目)
サンダニエレ産生ハムを巻いたラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグリル
ゴルゴンゾーラ入りのフレッシュポレンタを添えて
stefano06 
夫:ソテーしたラディッキオを生ハムでくるみ、ちょっと塩を振ってグリルして。。。
  なんて手が込んでんだ!

  ポレンタはポレンタだけでも美味しいのに
  ゴルゴンゾーラが一緒になってる!やられた~(>_<)

嫁:ゴルゴンゾーラって好みがはっきり分かれるところだけど
  ほんとやわらか~くやさしいお味に仕上がってるよね♪
  ステファノさんの人柄が感じられる一品に、またまた感動~(T_T)

忘れちゃいけない隠れた逸品!ステファノ自家製パン
stefano03 
夫:うお~、いつもながらうまいぜ!

嫁:食べ過ぎないように、今日こそパンを少なめにって思うのに
  美味しすぎて、つい食べ過ぎちゃう~~~(>_<)

パスタ料理(一品目) 
帆立貝、ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとトマトのリゾット
stefano07 
夫:んなんだこのいい香りは
  なんと、ホタテとラディッキオがゴロゴロ入ってるで~!
 
嫁:お米のこのアルデンテ具合がまた絶妙♪ これぞ正真正銘のリゾット!!!
  さすがステファノさん 

パスタ(二品目)
自家製ソーセージとラディッキオ・ロッソ・タルディーボの手打ちビゴリ
stefano08 
夫:このビゴリ、食感がサイコー!!
  北イタリアでは良く見るタイプのパスタだけど
  太くてコシがあって、そんじょそこらの生パスタとは一味違うぜ!

嫁:ほんと!ヴェネトの代表的パスタのビゴリも、日本ではまだ珍しいよね~。
  こんなに美味しいビゴリが東京で食べられるなんて、感激☆
  
夫:手打ちの生パスタ出してる店は幾つもあるけど、
  たいていタリアテッレやフェットチーネだもんね。ビゴリは見たことない!!
  BRAVO!!ステファノ

  あと、この自家製のソーセージもたまらん
  お持ち帰り用で売ってほしい。。。
  
嫁:鼻から抜けるソーセージの芳しい香りも、これまたたまらな~い♪

メイン料理(一品目)
カジキマグロのフレッシュパン粉焼き ラディッキオソース
stefano09 
夫:魚好きとしては、カジキマグロがこんな風に丁寧な仕事をされてる時点で
  すでに打ちのめされちゃってるんだけど
  やっぱりステファノはそれだけじゃ終わらないんだな~、これが。
  ソースに今回のコースの主役であるラディッキオが使われてるー
  何だ!この上品な味付けは!!!
  
嫁:おいものグラタンの上に
  外はサックサク、中はフワフワに焼きあげられたカジキがのせられて…
  味付けだけじゃなく、見た目にも上品♪
  これはもう、ひとつの芸術作品だわ~


メイン料理(二品目)
牛フィレ肉のソテー 
アズィアーゴチーズとラディッキオ・ロッソ・タルディーボのグラタン仕立て
stefano10 
夫:うお~、マジで肉やわらけ~
  焼き加減がこれまた最高!レア万歳!!
  そんでもって、添えてあるラディッキオのソテーも
  甘くてちょっとほろ苦くて、ベラメンテ・ボ~ノ(※)!!!

※ベラメンテ・ボ~ノは、夫なおのぶの決まり文句である。
  イタリア語で「VERAMENTE BUONO」=本当に美味しいの意。
  夫的には「まじ、うめぇ~」に相当。  

嫁:ベラメンテ・ボ~ノ!出ましたーっ(^o^)丿
  やっぱり肉食獣だわ~(笑)

  そして、この焼いたポレンタもまた旨いね!

デザート
ステファノ特製ラディッキオ・ロッソ・タルディーボとリンゴのケーキ
stefano11 
夫:ケーキの中にラディッキオが入ってる!

嫁:うっそ~?

夫:ホントだって!こんなの見たことも聞いたこともないぞ!

ステファノ:そうだと思うよ!だって私が考えたケーキですから!! 

嫁:お~い!ステファノさんのセリフ勝手に作んないように…(^_^;)
  
  デザートにどうやってラディッキオを使おうか。すご~く考えた。
  とステファノさんは仰ってましたよ。

夫:この日、俺たち夫婦の大事な記念日ということで
  TANTI AUGURI(=おめでとう)のメッセージを付けてくれました。
  GRAZIE STEFANO!

嫁:上には濃厚な栗アイスがのっかってるのに
  ケーキの中は、ほっかほかにあったかいの~

夫:なんだ、そのホクホク顔!

そしてエスプレッソ(コーヒーまたは紅茶)
stefano12 
お茶目なカメリエレのほしのさんからのサプライズ♪
いつ来ても、とってもシンパーティコな(感じがイイ)彼
GRAZIE, ほしのさん!

☆☆☆本日のお店☆☆☆ 【イタリアン】
リストランテ ステファノ
東京都新宿区神楽坂6-47

にほんブログ村 グルメブログへ

世界を旅する食いしんぼう夫婦の旅日記
食いしんぼう夫婦のみてある記もヨロシク!

関連記事
スポンサーサイト

別窓 | 神楽坂・飯田橋 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<栗のデカさにビックリ!?梅花亭の栗むし羊羹 | SIAMO GOLOSI~ゴロージの世界食べある記 | 本物のイタリアンを食べよう!>>

この記事のコメント:

∧top | under∨

コメントの投稿


管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| SIAMO GOLOSI~ゴロージの世界食べある記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。